メリタの「ノア SKT54」と「オルフィ SKT52」を完全徹底レビュー 価格やメリットを紹介

メリタの「ノア SKT54」と「オルフィ SKT52」を完全徹底レビュー 価格やメリットを紹介
世界で一番初めにコーヒーフィルターが発明されたのは1908年の事です。当時のコーヒーは日本茶を淹れるようにコーヒー粉をお湯に入れ、金網で濾したり、布などを使って抽出されていました。

しかし特に金網での抽出方法ではコーヒーカスがカップに入ってしまう為、コーヒーの口当たりはザラザラとしたものになり、味は苦くなるという欠点がありました。

そこでドイツのドレスデンに住んでいたメリタ・ベンツさんはコーヒーを淹れる際に、小さな穴をいくつか開けた真鍮製の容器に1枚のろ紙を入れ、フィルター代わりに使用する方法を考え出しました。これが世界で一番初めに発明されたペーパードリップシステムです。

ペーパードリップシステムは多くの人の反響を呼び、瞬く間にドイツ国内に広がりました。その後ペーパードリップシステムの改良を重ね、現在でも愛され続けている円錐形のペーパーフィルターが誕生しました。

今回紹介するコーヒーメーカーは、そんな歴史あるメリタより発売されている『ノア SKT54』と『オルフィ SKT52』です。

メリタ ノア SKT54の特徴

メリタ ノア SKT54の特徴
ノア SKT54は2015年8月下旬にメリタより発売されたペーパードリップ式ステンレス保温ポットのコーヒーメーカーです。

一度に作れるコーヒーの分量は最大で700ml、これはコーヒーカップ5杯分となります。ノア SKT54のサイズについては、幅が26.9cm、奥行き15.2cm、高さ31.1cmです。これは一般的な電気ポットと大きさがほとんど同じですが、ノア SKT54は奥行きが少ない分コンパクトな印象を受けます。

色はブラック・ホワイト・グレーの3種類の中からキッチンのイメージに合わせて色を選ぶことができます。どの色もステンレスのシルバーとの相性が抜群で非常に洗練されたデザインです。

また、ノア SKT54は色覚の個人差に問わず、より多くの人に見やすいカラーユニバーサルデザインに配慮して作られている事を評価され、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構の認証を受けています。
NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構の認証

ノア SKT54の6つの便利機能

ノア SKT54には全部で6つの便利な機能があります。

①アラーム&オートオフ機能

アラーム&オートオフ機能
これは、抽出開始時と抽出終了から1分後にアラーム音が鳴り、自動的に電源が切れるという機能です。

アラーム音によって抽出の開始と終了が明確にわかり、なおかつ自動的に電源がオフになる為、うっかりスイッチを切り忘れるという事が無くなり、非常に省エネルギーです。

②口径が大きく洗いやすい保温ポット

口径が大きく洗いやすい保温ポット
ノア SKT54の保温ポットは口径が従来の50㎜から70㎜へと広くなっています。

これは拳が入るサイズですので、保温ポットの底にまで手が届き、非常に洗いやすくなっています。また、口径が広い為ポット内にコーヒーが残りにくくなっています。

③メリタ式1つ穴抽出

メリタ式1つ穴抽出
メリタ式1つ穴抽出とは、内側に刻まれた溝とその角度が、お湯の流れをコントロールできるようになっており、ベストな味と香りを抽出する事ができます。

④ステンレス製真空二重構造の保温ポット

ステンレス製真空二重構造の保温ポット
保温ポットはステンレス製真空二重構造ですので抜群の保温性を誇ります。また、ポットに氷を入れればアイスコーヒーも簡単に作れます。

保温ポットはコーヒーを5杯分抽出した場合、1時間後のコーヒー温度の目安は約78℃とされています。その為、過熱保温の必要が無くコーヒーが煮詰まる事はありません。

飲みたい時に温かく香り高いコーヒーを楽しむ事ができます。

⑤しずく漏れ防止機能

しずく漏れ防止機能
しずく漏れ防止機能が搭載されている為、保温ポットを外しても下のプレートが汚れる事がありません。地味な機能ですが配慮が行き届いています。

⑥香り際立つ高温抽出

香り際立つ高温抽出
豆の個性を最大限に引き出す高温抽出によって、コーヒーの香りと味わいが際立ちます。

同じメリタのコーヒーメーカーにオルフィ SKT52というモデルのコーヒーメーカーがあります。オルフィ SKT52は、2015年9月上旬に発売されたモデルで、発売時期や価格帯等ノア SKT54とほぼ同じとなっています。

次に、オルフィ SKT52について紹介していきます。

メリタ オルフィ SKT52の特徴

メリタ オルフィ SKT52の特徴
オルフィSKT52は2015年9月上旬にメリタより発売されたペーパードリップ式ステンレス保温ポットのコーヒーメーカーです。

一度に作れるコーヒーの分量は最大で700ml、これはコーヒーカップ5杯分でノア SKT54と同じです。オルフィ SKT52のサイズについては、幅が31cm、奥行き14.6cm、高さ29.3cmで、給水ポットが取り外し可能となっている分ノア SKT54より少し幅を取る印象があります。

色はブラックとホワイトの2種類の中から選ぶ事ができ、どちらの色もステンレスシルバーとの相性が良く、どんなキッチンにも合わせる事ができます。

また、オルフィ SKT52はノア SKT54と同様に色覚の個人差に問わず、より多くの人に見やすいカラーユニバーサルデザインに配慮して作られている事を評価され、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構の認証を受けています。
NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構の認証

オルフィ SKT52の7つの便利機能

①カルキ除去率99%以上を誇る浄水フィルター

カルキ除去率99%以上を誇る浄水フィルター
オルフィ SKT52にはカルキ除去率99%以上のメリタ専用浄水フィルターが搭載されています。

その為、事前に水道水のカルキ抜きを行う必要がなく、手軽に美味しいコーヒーを飲む事ができます。

②取り外し可能のリムーバブル・タンク

取り外し可能のリムーバブル・タンク
オルフィ SKT52の給水タンクはリムーバブル・タンクと呼ばれる取り外し可能のタンクを採用しています。その為、給水や洗浄が簡単かつ便利です。

オルフィ SKT52の7つ便利機能③から⑦

オルフィ SKT52の7つ便利機能の便利機能のうち③から⑦はノア SKT54に採用されている、『アラーム&オートオフ機能』『口径の大きい洗いやすい保温ポット』『メリタ式1つ穴抽出』『ステンレス製真空二重構造の保温ポット』『しずく漏れ防止機能』『香り際立つ高温抽出』と同じモノが採用されています。

  • アラーム&オートオフ機能
  • 口径が大きく洗いやすい保温ポット
  • しずく漏れ防止機能
  • メリタ式1つ穴抽出
  • ステンレス製真空二重構造の保温ポット
  • 香り際立つ高温抽出

ノア SKT54とオルフィ SKT52の比較表

ノア SKT54とオルフィSKT52の比較表については下記の通りです。

品番 ノアSKT54
skt54
オルフィSKT52
skt52
容量 700ml(5カップ) 700ml(5カップ)
寸法(幅×奥行×高さ) 26.9cm × 15.2cm × 31.1cm 31.0cm × 14.6cm × 29.3cm
質量 1.7kg 1.7kg
ブラック・グレー・ホワイト ブラック・ホワイト
アラーム&オートオフ機能 〇抽出終了1分後 〇抽出終了1分後
洗いやすい保温ポット
ステンレス製真空二重構造の保温ポット
しずく漏れ防止機能
ペーパーフィルターのサイズ 1×2 1×2
メリタ式1つ穴抽出
高温抽出
浄水フィルター ×
リムーバブル・タンク ×

こうして2つのコーヒーメーカーを比較してみると、どちらのコーヒーメーカーにも大きな差はありません。

ノア SKT54とオルフィ SKT52の違いとしましては、オルフィ SKT52にはカルキを99%以上除去できる浄水フィルターが搭載されている事と、取り外し可能の給水タンクがついているという事です。サイズ感につきましても殆ど変わりはありませんが、取り外し可能の給水タンクがついていない分ノアSKT 54の方がスマートです。

また、料金の比較についてはノア SKT54はメーカー希望小売価格(税抜き)¥12,000、オルフィ SKT52はメーカー希望小売価格が(税抜き)¥15,000ですので、ノア SKT54とオルフィ SKT52のメーカー希望小売価格には¥3,000の差があります。

ただし、実売価格では¥1,000~1,500円ほどの差しかありません。

ノア SKT54は給水タンクが一体型になっている分スマートなデザインとなっている為、狭いキッチンでも快適に使用する事ができます。

キッチンスペースの確保が難しい方にはノア SKT54をおすすめします。また、オルフィ SKT52には浄水フィルターが搭載されている為、水道水特有のカルキ臭や消毒臭を特に気にする方はオルフィSKT52をおすすめします。

【SKT54とSKT52の違い】

  • ノア SKT54の給水タンクは本体と一体型、オルフィ SKT52の給水タンクは取り外し可能
  • オルフィ SKT52にはカルキ除去率99%以上のメリタ専用浄水フィルターが搭載
  • オルフィ SKT52は取り外し可能な給水タンクが採用されている分、ノア SKT54の方がスマート
  • ノア SKT54とオルフィ SKT52の実売価格は¥1,000~1,500円ほどの差(オルフィ SKT52が少し高い程度)

おすすめポイントと気になるところ

次に私が感じるノアSKT54とオルフィSKT52のおすすめポイントと気になるところについてお話したいと思います。

ノア SKT54とオルフィSKT52は、給水タンクと浄水フィルターの機能にしか差がありませんので、ノア SKT54を基準に紹介していきます。

おすすめポイント

私が感じるノア SKT54のおすすめポイントは、やはりステンレス製真空二重構造の保温ポットです。ごく一般的なステンレス製のポットとは違い、真空二重構造となっている事で熱をより逃がしにくくなっているところです。

ノア SKT54でコーヒーを5杯分抽出した場合、1時間後のコーヒー温度の目安は約78℃とされています。電力を使用せず1時間後も熱々のまま保温する事ができる為、非常に省エネルギーに貢献してくれます。

また、この保温ポットは取っ手が丸くなっている為非常に持ちやすい構造となっています。これは手の小さい女性にとっては嬉しい心遣いです。

コーヒーのできあがり時間については非常に早く、コーヒー5杯分の抽出ですと約5分でできあがります。これは非常に早いです。これだけ短時間でコーヒーができあがるのであれば、忙しい朝にもサッとコーヒーが淹れる事ができるのでモーニングコーヒーを飲んでから仕事に出勤する事ができます。

【おすすめポイント】

  • ステンレス製の保温ポットは真空二重構造、1時間後のコーヒーの温度も78℃のまま
  • ステンレス製の保温ポットの取っ手が丸くなっている為女性にも持ちやすい
  • 抽出時間が短い(最短で5分)

気になるところ

次に私が感じるノア SKT54の気になるところは、給水タンクが本体の背部と一体型になっている事により洗浄しにくいというところです。

同じメリタから発売されているオルフィ SKT52ですと、給水タンクが取り外し可能となっている為、非常に洗いやすいです。私と同じように給水タンクが直接洗えない事が気になる方にはオルフィ SKT52をお勧めします。

オルフィ SKT52には水道水のカルキを99%以上除去してくれる浄水フィルターが搭載されていますが、ノア SKT54にはありません。水道水のカルキは消毒臭やカルキ臭の原因になります。その為、コーヒーを淹れる際に水道水のカルキを気にされている方には、ノア SKT54よりもオルフィ SKT52をおすすめします。

メーカー希望小売価格はオルフィ SKT52の方が¥3,000高いですが、実際の販売価格差は¥1,000~¥1,500ですので、使い勝手と味を考慮すると、オルフィ SKT52の方がおすすめです。

また、パナソニックのコーヒーメーカーNC-A56では自動でコーヒー豆を挽いてくれるミル機能が搭載されています。しかし、ノア SKT54とオルフィ SKT52にはミル機能が搭載されていない為、コーヒー豆からコーヒーを淹れたい場合、別にミルを用意する必要があります。

【気になるところ】

  • ノアSKT54には給水タンクは本体と一体型になっている為、取り外して洗う事ができない
  • ノア SKT54にはオルフィ SKT52には搭載されている浄水フィルターが搭載されていない
  • オルフィ SKT52は給水タンクが取り外し可能となっている分ノアSKT54と比べると幅を取る
  • ミル機能が搭載されていない為コーヒー豆を挽く場合は、ミルを用意する必要がある

ノア SKT54の口コミと評判

次に口コミや評判について紹介したいと思います。

デザイン

デザインについては、色をブラック・グレー・ホワイトの3種類と選択肢が豊富な為『白を基調とするキッチンなのでホワイトがあって助かった』『ちょっと冒険してグレーを選んだが意外とキッチンに馴染むしカッコイイ』等という意見が寄せられていました。

ノア SKT54は、色覚の個人差に問わず、より多くの人に見やすいカラーユニバーサルデザインに配慮して作られていると、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構によって認証されています。

また、ステンレス製ポットのシルバーとの色の相性が絶妙で、非常に洗礼されたデザインをしています。その為、ノア SKT54の高いデザイン性に満足している方は非常に多かったように思います。

操作性

使いやすさについては、『ボタンが少なくてわかりやすい』『シンプルイズベスト使い方が簡単です』『抽出終了後アラームでお知らせしてくれた後に勝手に電源も切れる為で節電になります』『コーヒーポットは女性でも持ちやすくて注ぎやすい』等という声が寄せられていました。

しかし、一方では給水タンクが本体と一体型になっている為『給水タンクに水が入れにくい』という意見も寄せられていました。

ノア SKT54は水と、コーヒー粉、ペーパーフィルターをセットしましたら電源スイッチを押すだけでコーヒー5杯分が約5分でできあがります。このシンプルな操作性はどの年齢の方にも非常にわかりやすい為、ボタン操作を苦手とするご高齢の方へのプレゼントにも最適です。

保温性

保温性については、『寒冷地に住んでいるが、部屋が寒くてもコーヒーは全然冷めていないので驚いた』『2時間たってもコーヒーの温度が冷めていない』『電力を使わずこれだけの時間を保温してくれるのは本当にありがたい』『ポットに氷を入れてコーヒーを抽出すると簡単にアイスコーヒーができる。いつまでもひんやりとして暑い夏には嬉しい』等といった声が寄せられていました。

ノア SKT54の保温ポットはステンレス製真空二重構造ですので、コーヒーのできあがりから1時間後のコーヒーの温度は約75℃を保つ事が可能となっています。電力を使用して保温するタイプのコーヒーメーカーは、どうしてもコーヒーが煮詰まってしまう事があります。

しかし、ノア SKT54は電力を使用せず保温し続ける事が可能なのでコーヒーが煮詰まる事も無く、また、省エネで経済的です。

手入れのしやすさ

手入れのしやすさについては、『ポットの口が広くて洗いやすい』『ポットの底まで手が届くから普通のスポンジでゴシゴシ洗う事ができて衛生的』『今まで使ってきたステンレス製のポットはポットの底のコーヒー渋が取れなくて困っていましたが、この保温ポットだと綺麗に洗う事が出来てコーヒー渋が溜まる事がありません』等といった声が多く寄せられていました。

手入れのしやすさについては、保温ポットの口径が70㎜と通常のステンレスポットよりも広く作られている為、保温ポットの底へ手を入れて洗浄する事ができます。

コーヒー渋は蓄積しやすい為お手入れを怠ると直ぐに汚れが目立ってしまいますが、保温ポットの底まで手を入れて洗浄できる為いつまでも清潔に使用する事ができます。

Twitter投稿での評判

Twitterでのノア SKT54の反応についてまとめてみました。

オルフィ SKT52の口コミと評判

デザイン

デザインについては、『白は汚れが目立つため黒色にして正解だった』『白は汚れやすいという意見が多かったが私は毎回拭いているので綺麗を保つことができています』『コーヒーメーカーらしい見た目が良い』『邪魔にならないサイズです』等といった声が寄せられていました。

オルフィ SKT52の色はブラックとホワイトの2種類から選択する事ができます。コーヒーメーカーはコーヒー粉や、コーヒー渋により汚れやすいものですがブラックは汚れが目立たず良いという意見が多いです。一方のホワイトについても汚れはその都度拭く事によって汚れが目立つ事が無いようです。

オルフ SKT52はノア SKT54と同様に色覚の個人差に問わず、より多くの人に見やすいカラーユニバーサルデザインに配慮して作られていると、NPO法人カラーユニバーサルデザイン機構によって認証されています。また、ステンレス製ポットのシルバーとの色の相性が絶妙で、非常に洗礼されたデザインをしています。

操作性

使いやすさについては、『ボタンが一つしかないから操作しやすい』『機械音痴の私にも使えた』『今まで使っていた機種はお知らせ機能が無かったのでアラームが鳴るのは本当に便利です』『給水ポットが取り外しできるから給水する時に水をこぼす事が無い』等という意見が寄せられていました。

オルフィ SKT52はノアSKT54と同様にボタン操作が最小限ですので、機械操作を苦手とする方にもとても簡単に使用する事ができます。その為、操作性のわかりやすさや使い勝手については高く評価されています。

また、オルフィ SKT52の取り外し可能の給水ポットはノア SKT54との最大の違いであり、給水のしやすさや洗浄のしやすさの視点で見てもノアSKT54よりも評価されています。

保温性

保温性については、『説明書通り1時間経過しても熱々で保温性は本物です』『夕方淹れたコーヒーが次の日の朝までぬるさが残っています』『5時間経過してもまだ温かい』『保温性は十分にあり寒い時期とても助かります』等といった声が寄せられています。

オルフィ SKT52の保温ポットはノアSKT54の保温ポット同様にステンレス製真空二重構造ですので、コーヒーのできあがりから1時間後のコーヒーの温度は約75℃を保つ事が可能となっています。

この高い保温性により、電力を使用して保温する必要性が無い為コーヒーが煮詰まってしまう事も無く省エネルギーで経済的です。

手入れのしやすさ

手入れのしやすさについては、『給水ポットが取り外し可能なので給水ポットまでゴシゴシ洗えるため衛生的です』『ポットの口が広い為、ポットの底まで手が届きポットの隅々まで洗う事ができます』『数あるコーヒーメーカーの中でも手入れがしやすい』という声が寄せられていました。

オルフィ SKT52の保温ポットの口径はノア SKT56と同様に70㎜と広く作られている為、保温ポットの奥まで手が届き隅々まで洗浄する事ができ非常に衛生的です。

また、ノア SKT56は給水タンクが一体型だったのに対してオルフィ SKT52は給水タンクが取り外し可能である為、給水タンクの中も綺麗に洗浄する事が可能となっており非常に衛生的です。

TwitterとInstagram投稿での評判

Twitterでのオルフィ SKT52の反応についてまとめてみました。

まとめ

ノア SKT54は、保温性に優れたステンレス真空二重構造ポットでコーヒーを煮詰まらせず1時間以上の保温する事が可能なコーヒーメーカーです。コーヒーの抽出についてはお湯の流れをコントロールするメリタ独自の1つ穴フィルターと、コーヒー抽出に適した高温抽出で香り際立つ美味しいコーヒーを淹れる事ができます。

その他にも抽出の開始と終了をお知らせしてくれるアラーム機能や、抽出終了後の自動に電源が切れるオートオフ機能、保温ポットを外した後にもフィルター下部よりコーヒーのしずくが漏れるのを防ぐしずく漏れ防止機能等便利な機能が豊富に搭載されています。

また、保温ポットの口径も大きく作られている為洗いやすく、いつまでも清潔を保つことができます。

さらに、メリタではノア SKT54の他に同時期に発売した同価格帯のオルフィ SKT52という名のコーヒーメーカーがあります。

ノア SKT54とオルフィ SKT52にはほとんど違いはありませんが、オルフィ SKT52には水道水のカルキを99%以上除去する事ができる浄水フィルターが搭載されているおり、また、取り外し可能の給水ポットがついているという違いがあります。

私の個人的な意見としては、もしノア SKT54とオルフィ SKT52の購入に悩んだ場合、やはり水道水のカルキを99%除去してくれる浄水フィルターや、給水ポットが取り外しできる便利さを考えますと、オルフィ SKT52の方を購入すると思います。

本体無料で使えるおすすめマシン

ネスプレッソ(世界中で販売されている本格派マシン)

家庭用公式サービス
本体無料・修理無料
1杯75円~
20種類以上の本格的なネスプレッソを楽しめる
カプセルは市場最安値級で購入可能

ネスカフェバリスタ(コーヒーマシン販売台数日本一)

家庭用公式サービス
本体無料・修理無料
1杯14円~
5種類のコーヒーが作れる
コーヒーは市場最安値級で購入可能

ドルチェグスト(カプセル式販売台数日本一)

家庭用公式サービス
本体無料・修理無料
1杯50円~
15種類のコーヒーやお茶が作れる
カプセルは市場最安値級で購入可能

-メリタ

© 2022 コーヒーメーカー人気おすすめ比較【Coffee Ambassador】