ネスカフェアンバサダーや個人で申込み可能なコーヒーマシン本体無料のネスレ公式サービスを紹介

【Coffee Ambassador】ネスカフェアンバサダーの口コミと価格

【最新モデル】ネスカフェ ドルチェグスト ドロップの無料でのもらい方と口コミ・評判

更新日:

ネスカフェドルチェグスト ドロップ
ネスカフェ ドルチェグストは世界70ヶ国以上で展開されていて、現在までに累計販売台数3000万台(日本国内では約200万台)という人気のカプセル式のコーヒーマシンです。

そんなネスカフェドルチェグストにはいくつかの種類がありますが、よく知られているものにジュニオ2とドロップがあります。ドルチェグスト ジュニオ2が一番有名かとは思いますが、今回はドルチェグストの最新モデルでいちばんオススメの「ドルチェグスト ドロップ」について紹介します。

ドルチェグスト ドロップはジュニオ2と同様にカプセル定期便に申し込むとマシン本体が無料で使えるので、併せて紹介していきます。

あわせて読みたい
ネスレ ウェルネス アンバサダー【ドルチェグスト・バリスタ無料】不足しがちなビタミン・ミネラルが手軽に補給できる!
職場・家庭どちらでも申し込み可能なドルチェグスト・バリスタなどが無料で使える『最新サービス』

ネスカフェドルチェグストドロップの無料でのもらい方

ネスカフェ、ドルチェグスト カプセル定期便
ネスカフェドルチェグストドロップを本体無料でもらうのはとてもシンプルで簡単です。ネスレの公式ホームページからカプセル定期便に申し込むだけです。
ドルチェグストドロップ本体無料サービス【公式サイト】はこちら

カプセル式のコーヒーは高いというイメージがあるかもしれませんが、カプセル定期便に申し込むと、カプセルの値段が毎回10%OFFで毎回送料無料です!

さらに購入金額の2%が付与される、ネスレのショッピングポイントも2倍もらえてカプセル購入にも使えますので、結論としてはマシン本体が無料で使えて最安値級の価格でカプセルが購入できるということです。

ドルチェグストカプセル定期便のうれしいポイント

1箱単位で毎回飲みたいカプセルに変更して注文することとも可能で、希望のお届け日や内容の変更は簡単にWEBまたは電話から行えて毎回変更することも可能です。

もし2ヶ月で飲みきれなかったらカプセルのお届け日を後ろ倒しすることも可能です。反対に早くなくなってしまったら早める事も可能です。

さらに無料修理期間も5年間と保守サービスも充実しています。

本体無料で利用できるドルチェグストは、細かく分けると下記の5種類からマシンを選べます。おすすめは、最新モデルの「ドルチェグスト ドロップ」です。

  • ネスカフェドルチェグストドロップ レッドメタル
  • ネスカフェドルチェグストドロップ ホワイト
  • ネスカフェドルチェグストジェニオ2プレミアム ワインレッド
  • ネスカフェドルチェグストジェニオ2プレミアム ピアノブラック
  • ネスカフェドルチェグストジェニオ2プレミアム シルバー

すでにドルチェグストをお持ちの方も、マシン本体が無料なので今持っていない種類のマシンを選んで是非定期便サービスに申し込むことをおすすめします!!

もしくは、無料で1台貰えるマシンを誰かにプレゼントするというのも良いのではないでしょうか。

初期費用無料でランニングコストも最安値になる【ネスレ公式サービス】
■最新モデル「ドルチェグストドロップ」本体無料サービス
ドロップはこちら【ドルチェグスト公式サイト】

■「ドルチェグストジュニオ2」本体無料サービス
ジュニオ2はこちら【ドルチェグスト公式サイト】

定期お届け便とAmazonのドルチェグスト専用カプセル価格比較

定期お届け便とAmazonでカプセルを購入した場合の価格はどちらがお得か比較してみました。圧倒的に公式サービスの定期お届け便の方がお得という結果になりました。

カプセル名 定期お届け便(税込) Amazon(税込)
宇治抹茶 882円 980円
モカブレンド 831円 924円
オリジナルブレンド 831円 924円
リッチブレンド 831円 924円
ソイラテ 882円 980円
カフェオレ 831円 924円
レギュラーブレンド 831円 924円
ロースト ブレンド 831円 924円
レギュラーブレンドカフェインレス 831円 924円
アイスコーヒー ブレンド 831円 924円
エスプレッソ 831円 924円
エスプレッソ インテンソ 831円 924円
カプチーノ 831円 924円
ラテ マキアート 831円 924円
ティーラテ 882円 981円
宇治抹茶ラテ 882円 981円
チョコチーノ 882円 981円

※Amazonは2017/2/1の価格

初期費用無料でランニングコストも最安値になる【ネスレ公式サービス】
■最新モデル「ドルチェグストドロップ」本体無料サービス
ドロップはこちら【ドルチェグスト公式サイト】

■「ドルチェグストジュニオ2」本体無料サービス
ジュニオ2はこちら【ドルチェグスト公式サイト】

目次に戻る

ネスカフェ ドルチェグスト ドロップの特徴と使ってみた感想

ネスカフェ ドルチェグストとは、ネスカフェから販売されている専用のカプセル式コーヒーメーカーで、1台で15種類以上のカフェメニューが楽しむことができます。

「ドロップ」はドルチェグストの最新モデルで、コーヒーマシンの常識を覆す近未来的なデザインとして、口コミなどでも大変高い評価を得ています。

すべてのコーヒーの粉は、厳選した香り豊かな挽きたてのコーヒー豆を酸素を抜いてしっかりと密封されており、抽出時には、コーヒー豆を十分に蒸らしながら、ポンプ圧力最大15気圧の高圧で1杯ずつ丁寧に抽出します。自宅やオフィスに居ながら、いつでもカフェ並みの美味しい淹れたてのコーヒーを楽しむことができます。

コーヒーの味はもちろん、「雫(しずく)」からインスピレーションを受けたオシャレなデザインとなっており、スタイリッシュでキュートなのもネスカフェ ドルチェグスト ドロップの魅力のひとつです。リビングやダイニングのインテリアとしても楽しめます。
しずくから生まれた新しいデザインのドルチェグスト ドロップ

以前のモデル「ジュニオ2」とコーヒーの淹れ方に変わりはありません。変わったのは主にデザインとタッチパネルを採用したことです。

デザインもスッキリしていますが、タッチパネルを採用したことにより、スマートフォンを操作しているようにスムーズな操作性になっています。

私もこのネスカフェドルチェグストロップのレッドメタルを使用しています。

ドルチェグスト ジュニオ2プレミアムとドロップの比較表

ジュニオ2プレミアムとドロップの比較表は下記の通りです。ジュニオ2プレミアムはタッチパネルではありませんが、給水タンクの容量が少しだけ多いので、4人以上のファミリー向けです。

ジュニオ2 ドロップ
マシンタイプ 基本モデル 最新モデル
最大圧力 15気圧 15気圧
給水タンク容量 1000ml 800ml
タッチパネル ×
メーカー販売価格 9,800円 14,800円
本体無料公式サービス

ネスカフェ ドルチェグスト ドロップ

ネスカフェ ドルチェ グスト ジュニオ2

給水タンクの位置が絶妙で使いやすい

ネスカフェドルチェグスト ドロップ給水タンク
デザイン上の理由かもしれませんが、水のタンクが横から取り外せるというのもすごく良いです。

普通のコーヒーマシンは後ろに水のタンクが付いていることが多いですが、だいたいは後ろに壁のある場所にコーヒーマシンを置くことが多いと思います。そうなると、後ろの壁から少し離して置いておかないとタンクが外しにくく水の補給がしにくいんです。

後ろの壁から離しすぎると場所を取るし・・・ 

ドルチェグストドロップは右側に給水タンクが外れるので、後ろの壁ぴったりにおいても、コーヒーマシンを動かすことなく給水タンクを外すことが出来ます。地味なところですが個人的にはすごく気に入っています。

給水タンクの容量は800mlで十分!!

また、「ジュニオ2」のタンクの容量が1Lなのに対して、「ドロップ」は800mlと少し少ないです。ここはデメリットのように感じられかもしれませんが、逆にメリットだと思っています。

なぜなら、何日も前に給水した水で淹れたコーヒーを飲みたくないんです・・・

個人の自宅で利用する場合、例えば2人で使うとして、オリジナルブレンド2杯(200ml×2)とカフェラテ用のエスプレッソを4杯(60ml×4=240ml)で1日あたり640mlの水を使います。

もしくは、レギュラーブレンド4杯(120ml×4)だと1日あたり480mlです。

そうすると、だいたい1日半で水を補給することになります。個人的には2日以上前の水でコーヒーを淹れたくないのでちょうどいいサイズです。

オリジナルブレンド等の、1杯で200ml水を使うカプセルでも、4杯淹れられます。標準的な家庭であれば1日もつくらいで、1日1回新鮮な水を補給するくらいではないでしょうか。

お湯を沸かす手間がない分もう少し小さくても問題ないとは思いますが、800mlはちょうどいいサイズだと思っています。

ドルチェグストドロップ本体無料サービス【公式サイト】はこちら

アイスコーヒーやアイスカフェラテも簡単に作れます

あらかじめ氷や牛乳を入れてから抽出すれば、簡単にアイスのメニューも作れます。

例えばアイスカフェラテの場合は、牛乳と氷をコップに入れておきます。

あとはそのままエスプレッソカプセルで抽出するだけ。

20秒くらいで抽出完了です。

飲む前によくかき混ぜてください。エスプレッソカプセルが50円、牛乳が約10円だとして、1杯約60円で香りの良いおいしいアイスカフェラテが飲めます。

ジュニオ2よりもさらに使い方・操作が簡単なドロップ

個人的にこのネスカフェドルチェグストロップ気に入っている点はデザインに加えて、ジュニオ2よりもコーヒーを淹れる手順がシンプルなことです。

ジュニオ2は抽出の手順が4つ有りますが、ドロップは3つとさらにシンプルなんです。たった1つと思うかもしれませんが、毎日しかも1日に何度も飲むコーヒーなので、この差が大きいんです!

ドルチェグスト ジュニオ2はメモリを合わせてからレバーを倒すだけの簡単操作ですが、4つの手順。
ネスカフェドルチェグスト操作方法

ドルチェグスト ドロップは、タッチパネルに触れて、目盛りを合わせてボタンを押すだけ、とさらにシンプルです! タッチパネルなのでスマホを触っているような手軽な感覚で操作できます。
ドルチェグスト ドロップ

お手入れや掃除も簡単

作った後はカプセルを捨てるだけなので面倒なお手入れは必要ありません。本体が汚れることはありませんので、洗いものの手間がまったくかかりません。
ネスカフェドルチェグストお手入れも簡単

ドルチェグストドロップ本体無料サービス【公式サイト】はこちら

ドルチェグスト ピッコロやジョビアとの違い 手動抽出で本体無料公式サービスはナシ

ドルチェグストピッコロとジョビア※(左)ピッコロ (右)ジョビア

ドルチェグストには最新モデルのドロップや定番モデルのジュニオ2以外にも、抽出量を手動で行う(オートストップがついていない)ピッコロとジョビアというモデルもあります。

ドロップやジュニオ2は本体のメモリを設定してボタンを押せば自動的に抽出量でストップしてくれますが、ピッコロとジョビアは手動で抽出量を調整しなければならないので慣れが必要です。

また、ピッコロやジョビアには本体無料の公式サービスはありません。

ピッコロやジョビアは初期に発売されたモデルですので、個人的な予想ですが今後生産完了モデルになっていくのではないかと思います。

そう考えると、ドルチェグストを使用するのであればドロップかジュニオ2がベストだと思います。

初期費用無料でランニングコストも最安値になる【ネスレ公式サービス】
■最新モデル「ドルチェグストドロップ」本体無料サービス
ドロップはこちら【ドルチェグスト公式サイト】

■「ドルチェグストジュニオ2」本体無料サービス
ジュニオ2はこちら【ドルチェグスト公式サイト】

目次に戻る

カプセルの種類は15種類以上 間違いなく美味しい!

ドルチェグストのおすすめ人気カプセルをランキング2016

カプセルは全てのドルチェグスト共通で同じものが使用可能です。下記の代表的な味に加えて季節限定や新しい味など、どんどん増えていきます。

コンビニコーヒーの半額50円で1杯飲むことができますが、個人的にはコンビニコーヒーより間違いなく美味しいと思います!

マグカップサイズ(リッチブレンドなど)

バランスのとれたまろやかな味わいの定番カプセル「オリジナルブレンド」。

フルーティーな香りとさわやかな味わいの「モカブレンド」。

深いコクとキレのある味わいの「リッチブレンド」

ミルクの自然な甘みもコーヒーのコクも味わえる本格的な「カフェオレ」。

こだわりブラック(レギュラーブレンドなど)

香りや苦味、酸味などのバランスがとれた正統派な味わいの「レギュラーブレンド ルンゴ 」。

深い焙煎による香ばしさと重厚なコクが特長の「ロースト ブレンド ルンゴ インテンソ 」。

繊細な風味で、ほんのりとした酸味がきいた「マイルドブレンド ルンゴ 」。

カフェイン97%カットのすっきりとした苦味が楽しめる「レギュラーブレンド カフェインレス 」。

香ばしくさわやかな酸味のある「アイスコーヒーブレンド」。

フルーティなアロマとまろやかなコクの「エスプレッソ」。

ロースティーなアロマと深いコクのある「エスプレッソ インテンソ」。

バラエティ(宇治抹茶、ソイラテなど)

京都府と協定を結んでいて、時にはコーヒーカプセル以上に人気のある「宇治抹茶」。

エスプレッソと泡立てたフォームドミルクのコンビネーションが絶妙な「カプチーノ」。

ふんわり泡立てられたフォームドミルクに、リッチなエスプレッソが溶け合う「ラテ マキアート」。

豆乳の泡が口当たりやさしい「ソイラテ」。

濃厚なエスプレッソがミルクの甘さに溶け合う「アイスカプチーノ」。

ほのかな甘さの紅茶の味わいが贅沢な「ティーラテ」。

宇治抹茶の香りと味わい豊かなミルクがマッチした「宇治抹茶ラテ」。

ミルクの泡立ちと良質のカカオ豆による贅沢な味わいの「チョコチーノ」などがあります。

過去の記事ドルチェグストおすすめカプセル人気ランキングも参考にしてください。

初期費用無料でランニングコストも最安値になる【ネスレ公式サービス】
■最新モデル「ドルチェグストドロップ」本体無料サービス
ドロップはこちら【ドルチェグスト公式サイト】

■「ドルチェグストジュニオ2」本体無料サービス
ジュニオ2はこちら【ドルチェグスト公式サイト】

目次に戻る

ネスカフェ ドルチェグスト ドロップの口コミ・評判

最新モデルのドロップの口コミ・評判では、「タッチパネルの操作が簡単で良い」、「突起物のないおしゃれなデザインが素晴らしい」といったおしゃれで操作性が良い点が多く見受けられました。

味が良いのはもちろんですが、やはり家にあると存在感もありインテリアとしても抜群です。

他にもいくつか口コミ・評判を紹介します。

目次に戻る

ドルチェグスト宇治抹茶CM 「店で出せる味や」


老舗料亭「菊乃井」の村田吉弘さんが出演する宇治抹茶のCM。

宇治抹茶カプセルはドルチェグストの中でもトップクラスの人気と販売数です。その宇治抹茶を飲んだ村田吉弘さんがひとこと「店で出せる味や」。

実はネスレは宇治抹茶の産地である京都府と宇治抹茶振興の為の協定も結んでいます。

産地の京都府とネスレの技術が合体することによって、ドルチェグストで本格的な味を手軽に楽しむことが出来るようになっています。

宇治抹茶カプセルのレビュー記事はこちらから。

目次に戻る

ネスカフェ ドルチェグストとバリスタの違い

同じネスカフェから発売されているドルチェグストとバリスタの違いは、インスタントコーヒー(ネスカフェゴールドブレンド)を使うか、カプセルを使ってコーヒーを使うかです。

バリスタはゴールドブレンドを使用するので値段が安く、ドルチェグストはカプセルを使用するので本格的な味が楽しめます。

バリスタとドルチェグストの違い

  • バリスタ・・・ゴールドブレンドを使用 1杯14円~ 味:〇
  • ドルチェグスト・・・カプセルを使用 1杯50円~ 味:◎

ドルチェグストの方が高いといっても、1杯50円とコンビニコーヒーの半額ですのでコストパフォーマンスは良いです。また、ドルチェグストはコーヒーだけでなく宇治抹茶やソイラテなど様々な種類の味が楽しめます。

さらに細かいドルチェグストとバリスタの違いはこちらの記事を参照してください。

目次に戻る

まとめ

以上、ネスカフェ ドルチェグスト ドロップの口コミ・評判と無料でのもらい方を紹介しました。

日本で一番売れているカプセル式コーヒーマシンのドルチェグスト。ぜひ本体無料でドルチェグスト ドロップを手に入れてカフェタイムを満喫してください!

初期費用無料でランニングコストも最安値になる【ネスレ公式サービス】
■最新モデル「ドルチェグストドロップ」本体無料サービス
ドロップはこちら【ドルチェグスト公式サイト】

■「ドルチェグストジュニオ2」本体無料サービス
ジュニオ2はこちら【ドルチェグスト公式サイト】

【オフィスでの申し込み】
日本全国に現在まで28万件以上の申し込み実績があるネスカフェアンバサダー。
【ネスカフェアンバサダー公式サイト】

おすすめの人気記事

1
122,588 VIEW

ネスレ日本株式会社が、日本一売れているコーヒーマシン「ネスカフェ バリスタ」の最新モデル「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ i[アイ](型番: PM9635)」を発表しました。 オフィスでのネス ...

2
73,225 VIEW

ネスカフェ ドルチェグストは世界70ヶ国以上で展開されていて、現在までに累計販売台数3000万台(日本国内では約200万台)という人気のカプセル式のコーヒーマシンです。 そんなネスカフェドルチェグスト ...

3
59,935 VIEW

会社や個人事業主などの団体はこちらことが出来るネスカフェアンバサダーですが、ネスカフェアンバサダーになると申込者個人の自宅用にも、最新モデルのネスカフェバリスタ i[アイ]が1台無料でもらえます! ま ...

4
41,513 VIEW

フレンチの鉄人坂井宏行、日本一予約がとれないイタリア料理店の落合務、日本料理つきぢ田村の田村隆等の有名シェフの店でも採用されていて、日本一売れているコーヒーマシンのネスカフェ バリスタ。 このネスカフ ...

5
26,629 VIEW

「ネスカフェ バリスタ」シリーズの最新モデル「ネスカフェ バリスタ i[アイ]」。最大の特徴はスマホアプリとの連携で自分好みの味のレシピが作れて保存できることです。 ここでは、ネスカフェ バリスタ i ...

-ネスカフェ ドルチェグスト

Copyright© ネスカフェアンバサダーの口コミ・価格とおすすめオフィスコーヒー , 2017 AllRights Reserved.