【Coffee Ambassador】ネスカフェアンバサダーの口コミと価格

ネスカフェアンバサダーや、個人で申込み可能なバリスタやドルチェグスト本体無料のネスレ公式サービスを紹介

\誰でも申込み可能!なくなり次第終了↓/

ネスカフェ ドルチェグスト ルミオとカラーズの値段と実際に使ってみた口コミレビュー

更新日:

ネスカフェドルチェグストルミオとカラーズ
日本一売れているカプセル式コーヒーマシンのドルチェグスト最新モデル「ドルチェグスト ルミオ」が2017年11月に発売されました。

また、12月にはさらに新しいモデル「ドルチェグスト カラーズ」も追加発売されました。

今回は「ドルチェグスト ルミオ」と「ドルチェグスト カラーズ」について、旧モデルとの違いも併せて解説していきます。

ドルチェグスト ルミオはドロップの後継モデル!?

2017年11月に発売された「ドルチェグスト ルミオ」は、見た目の形からしてドルチェグスト ドロップの後継モデルにあたるものと思います。

理由の1つとしてマシンの形が明らかにドロップと似ています。ただし、デザインのコンセプトは、ドロップが「しずく」だったのに対してルミオは「太陽」となっています。
ドロップとルミオ

ルミオはタッチパネルではなくホールで抽出目盛りを設定するようになっていて、ドロップの欠点だった横幅の大きさがなくなり、狭いところでも利用できるようなデザインになっています。ホイールはマウスについているスクロールホイールをイメージしていただくと分かりやすいかもしれません。

実際に使ってみると、ドロップのタッチパネルもスムーズ設定ができましたが、ルミオのホイールもスムーズに設定ができました。どちらもそれほど違いはありません。

価格や機能などの比較一覧表

ルミオルミオ ドロップドロップ ジェニオ2ジェニオ2
抽出圧力 15気圧 15気圧 15気圧
水タンク容量 1,000ml 800ml 1,000ml
目盛り調整 ホイール タッチパネル レバー
希望小売価格 5,800円 14,800円 14,096円
実売価格 約5,500円~6,350円 約9,900円 約8,500円
発売日 2017年 2015年 2014年
本体無料の
定期便サービス
× ×


ドルチェグスト公式サイト

ドルチェグスト ルミオの一番の注目ポイントは、希望小売価格5,537円(税抜)というドルチェグストの中で最安値のモデルということです。

現在の主要モデル、ジュニオ2プレミアムとドロップと比較してもルミオだけ、値段が特別安くなっています。

コーヒーの抽出能力に差はありませんので、かなりお得なモデルと言えます。色はホワイトとダークレッドの2色です。

また、ルミオのカプセルホルダーには、カプセルカバーが新たに付きました。使ってみた感じですと、カプセルがしっかりと固定されるので、より確実に圧力を加えて抽出することができるようになったように思えます。

ルミオとドロップの比較

実際にドロップとルミオを並べてみるとこのような感じです。
ドロップとルミオの正面ドロップとルミオの側面

ドロップとルミオの大きさの違い

  • ドロップ・・・25.2×25.2×31.9cm(幅×奥行き×高さ) 水タンク800ml
  • ルミオ・・・17.6×22.2×36.8cm(幅×奥行き×高さ) 水タンク1000ml

※ルミオは高さが約5cm高くなっていますが、幅が約8cm、奥行きが約3cmドロップより小さくなっています。

水タンクがむき出しのデザインになっているので、水の残量が正面から一目で分かります。容量についても、ドロップの水タンクが800mlだったのに対して、ルミオは1,000mlと増えています。ルミオの水タンク

少し前に、一番人気のジュニオ2プレミアムと同じく本体無料の定期便サービスだったドロップが、本体無料の対象から外れました。されに、現在ドロップは割引価格により販売されています。

つまり、ドルチェグスト ドロップは終売になり、その後継モデルとして「ドルチェグスト ルミオ」が発売されたものと思われます。

ルミオとジュニオ2プレミアムの比較

一番人気で定番モデルのジュニオ2プレミアムと並べてみるとこのような感じです。
ジュニオ2プレミアムとルミオの正面ジュニオ2プレミアムとルミオの側面

ドロップとルミオの大きさの違い

  • ジュニオ2・・・16.5×25.7×29.6cm(幅×奥行き×高さ) 水タンク1000ml
  • ルミオ・・・17.6×22.2×36.8cm(幅×奥行き×高さ) 水タンク1000ml

※ルミオは高さが約7cm高く、幅が約1cm広くなっていますが、奥行きが3cmジュニオ2より小さくなっています。水タンクはジュニオ2の方が大きく見えますが、両方とも1000mlで同じです。

また、ジュニオ2プレミアムやドロップと比べて、ルミオは高さがあるので、高さのあるコップを使用することも可能です。この差は実際に使ってみるとかなり便利に感じると思います。
ドルチェグスト

背の高いコップはラテ系メニューやアイス系メニューを作るときによく使いますが、ルミオは15cmくらいまでのコップだったら大丈夫です。ちなみに、ジュニオ2プレミアムは約11cm、ドロップは約12.5cmです。

目盛り設定ホイールとカプセルホルダー

電源ボタンとホイール
ドルチェグストルミオには電源ボタンは無く、ホイール部分を回すと自動的に電源がオンになります。

ホイールでの抽出目盛り設定は、マウスのホイールと同じような感覚でスムーズに設定できます。

また、ルミオのカプセルホルダーにはフタのようなカバーが付きました。
カプセルホルダー

実際にカプセルを入れてカバーを閉めてみると、ホルダーにカプセルがしっかりと固定されます。
カプセル

ドルチェグストの各マシンの抽出機能に違いはありません。カプセルホルダーにカバーが付いてしっかり固定されているからか、若干ルミオのクレマ(泡)の方が多めに出ているように見えます。
コーヒー

抽出メモリの設定方法が、各マシンで違いますが、ホールでもタッチパネルでもレバーでもそれほど操作に違いはでません。スムーズに設定できます。

本体の値段も安く水タンクの容量も多いため、ルミオはおすすめのマシンと言えます。

ドルチェグスト ルミオとカラーズの違いを比較

ドルチェグストルミオが発売された1ヶ月後に、ルミオの派生モデルとして「カラーズ」が発売されました。

以下の写真を見ていただくと、形がよく似ていることが分かると思います。
ドルチェグストルミオとカラーズ

こちらはルミオとカラーズの側面の比較です。カラーズの方が水タンクが大きく見えますが、入る水の量はどちらも同じで1,000mlです。
ドルチェグストルミオとカラーズ側面

価格や機能などの比較一覧表

ルミオルミオ カラーズカラーズ
抽出圧力 15気圧 15気圧
水タンク容量 1,000ml 1,000ml
目盛り調整 ホイール ホイール
実売価格 約6,200円~6,350円 約6,980円~9,000円
発売日 2017年11月 2017年12月
販売場所 ネット通販や家電量販店 ネット通販のみ
本体無料の
定期便サービス
× ×

ルミオとカラーズは、色と販売場所以外の基本性能は同じです。コーヒーの抽出能力に違いもありません。

ルミオはネスレ公式通販サイトや家電量販店で購入可能ですが、カラーズは現状Amazon、楽天、Yahooショッピングのみで販売しています。

ルミオとカラーズの比較

ルミオとカラーズは、メモリ設定ホイールやレバー、水タンクの容量等、機能は同じなのですが、色の違いが大きな特徴です。

カラーズは、背面のパネルの色を3色の中から自由に選べます。ルミオは本体カラーがレッドとホワイトの2色でしたが、カラーズは本体はホワイトのみで、パネルを3色から選べるという違いがあります。

パネルは最初から3枚ともセットでついてきますので、購入後に自分で好きな色に自由に変更可能です。
ドルチェグストカラーズのパネル

パネルにはネジ等は使用されていませんので、スマホのカバーを付け替えるように簡単に取り外しができます。
パネル交換

パネルを付け替えた後に、上から水のタンクを装着します。青の場合はこのような見た目になります。
ドルチェグストカラーズ

カラーズはルミオのように水タンクの手前部分に穴がありませんので、正面からは背面のパネルの色と水の残量は見えません。
水タンクの違い

コーヒーの抽出能力や水タンクの容量などに違いはありませんので、デザインで選ぶか使い勝手で選ぶかという選択になります。

  • ルミオ・・・水の残量が正面から見えるので使い勝手が良い
  • カラーズ・・・パネルの色を自分好みに変えられる自由度がある

私自身は、キッチンの後ろが壁になっている場所にドルチェグストを置いているので、正面から水の残量が見えるルミオをメインに使っています。

カラーズは、リビングなどの後ろが壁になっていない場所に置くと、背面のパネルの色や水の残量が見やすいのでおすすめです。

元々ドルチェグスト自体がおしゃれなので、どちらもインテリアとしてリビングに置いても違和感はありません。

本体無料の定期便サービス対象!?

ネスカフェドルチェグスト個人の自宅で無料 カプセル価格が激安
ルミオやカラーズは本体価格が安いとはいえ、ジュニオ2プレミアムには本体無料の定期便サービスがあります。初期費用やランニングコストを考えると現状ではジュニオ2プレミアムの方がおすすめです!

※ルミオとカラーズは家電量販店やネットショップでの販売限定モデルなので、本体無料のカプセル定期便サービスの対象モデルとはなっていません。

機能に差はないので、現状ではスタンダードモデルのジュニオ2プレミアムを本体無料で利用するのが、初期費用無料でランニングコストも安くなるのでおすすめです!

\本体無料の公式サービス/

まとめ:ドルチェグスト ジュニオ2・ルミオ・カラーズの選び方

ネスカフェ ドルチェグストの最新モデル「ドルチェグストルミオ」と「ドルチェグストカラーズ」について紹介してきました。

ドロップは終売になると思いますので、ルミオ・カラーズとジュニオ2プレミアムの選び方を最後にまとめます。

ルミオとジュニオ2の選び方

  • ジュニオ2プレミアム・・・本体無料でさらにカプセルを安く買いたい方におすすめ
  • ルミオ・・・本体を有料で買ってでも最新モデルを使いたい方におすすめ
  • カラーズ・・・本体を有料で買ってでもおしゃれなモデルを使いたい方におすすめ

※カプセルは全てモデル共通で、コーヒーの抽出能力に差はありません。

本体無料はこちら↓ ドルチェグスト公式サイト

関連おすすめ記事

人気おすすめのマシン

ネスカフェバリスタ(コーヒーマシン販売台数日本一)

家庭用公式サービス
本体無料・修理無料
1杯15円~
5種類のコーヒーが作れる
コーヒーは市場最安値級で購入可能

ドルチェグスト(カプセル式販売台数日本一)

家庭用公式サービス
本体無料・修理無料
1杯55円~
15種類以上のコーヒーやお茶が作れる
カプセルは市場最安値級で購入可能

ネスプレッソ(世界中で販売されている本格派マシン)

家庭用公式サービス
本体無料・修理無料
1杯75円~
20種類以上の本格的なエスプレッソやコーヒーが作れる
カプセルは市場最安値級で購入可能

スペシャル.T(女性に大人気!お茶専用マシン)

家庭用公式サービス
本体無料・修理無料
1杯50円~
17種類のお茶やハーブティーが作れる(浄水器搭載)
カプセルは市場最安値級で購入可能

ネスカフェアンバサダー(申込40万件突破!)

職場・団体用公式サービス
本体無料・修理無料
1杯15円~
バリスタ・ドルチェグストなど最大5種類のマシンが利用可能
コーヒーは市場最安値級で購入可能

ウェルネスアンバサダー(職場・家庭で健康習慣!)

職場・家庭どちらでも可能な公式サービス
本体無料・修理無料
1杯15円~
バリスタ・ドルチェグストなど3種類のマシンが利用可能
脳トレ『ブレインHQ』が無料で利用できる

おすすめ人気記事

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ アイ 1

ネスカフェバリスタは、累計販売台数450万台を超える日本一売れているコーヒーマシンです。5種類のコーヒーをボタン1つでカンタンに淹れることができます。 ネスカフェバリスタにはオフィ ...

ドルチェグスト 2

ネスカフェ ドルチェグストは世界70ヶ国以上で展開されていて、現在までに累計販売台数3000万台(日本国内では約260万台)という一番売れているカプセル式のコーヒーマシンです。 そ ...

3

会社や個人事業主などの団体はこちらことが出来るネスカフェアンバサダーですが、ネスカフェアンバサダーになると申込者個人の自宅用にも、最新モデルのネスカフェバリスタ i[アイ]が1台無 ...

4

新しい家電製品を使い始めようか迷っている時は、既に使っている人の感想だったり、口コミやレビューがとても参考になりますよね。 ネスカフェバリスタは日本一売れているコーヒーメーカー(コ ...

ネスカフェバリスタi 5

フレンチの鉄人坂井宏行、日本一予約がとれないイタリア料理店の落合務、日本料理つきぢ田村の田村隆等の有名シェフの店でも採用されていて、日本一売れているコーヒーマシンのネスカフェバリス ...

ネスカフェアンバサダーは個人で登録できる!【個人向け公式サービスを紹介】 6

無料でコーヒーマシンが使えるネスカフェアンバサダーはオフィスや団体等へのサービスです。そんなネスカフェアンバサダーに個人で登録できないか? と思う方もいると思います。 結論から言う ...

ピクシークリップ 7

コーヒーの種類の中でも、専門的なマシンで圧力をかけて濃厚なコーヒーを抽出するエスプレッソ。カフェではおなじみのメニューですが、自宅ではなかなか飲めないですよね。 しかし、ネスカフェ ...

-ネスカフェ ドルチェグスト

Copyright© 【Coffee Ambassador】ネスカフェアンバサダーの口コミと価格 , 2018 All Rights Reserved.